婦人

引き出物の探し方|引き出物を探すタイミングや相場を知る

お祝いのメッセージ

お花

結婚式は新郎と新婦が永遠の愛を誓う大切な式です。そのため、出席者は失礼のないようにしなくてはいけません。しかし、仕事の都合で結婚式に出席できないこともあるでしょう。大事な友人や知人の結婚式を祝いたいという想いがある人は、お祝いのメッセージを電報で送りましょう。

電報を送る場合は使っていけない言葉やマナーがあります。結婚式は祝いの席ですので、「切れる」「別れる」「離れる」などの言葉は適切ではありません。結婚した二人が別れることを連想させるために、このような言葉を避けるべきです。その上で、自分のお祝いの気持ちを載せて新郎新婦に送りましょう。

電報を送る際に大事なのがタイミングです。タイミングが遅くなると、せっかくのメッセージも新郎新婦に届くことはないかもしれません。結婚式に間に合うように早めに準備をしなくてはいけません。まずは、結婚式の会場と開始する時間を調べましょう。結婚式が開始する1時間前に会場に電報が届いていることがベストです。きちんと届いている場合は、司会者が式の途中で読み上げてくれるはずです。注意すべき点は、遠方に住んでいる場合です。指定した地域が即日配達できない地域かもしれません。交通状況や天候などが影響して、結婚式に間に合わない可能性もあります。そのため、電報を送る場合は早めに作成して前日まで手配をしておくと良いでしょう。最近では一ヶ月前から申し込むことができるサービスもありますし、早めに手配することで割引してくれるケースもあります。